理学療法ドクター

理学療法士に仕事に就くうえで向き、不向きなどもあります。
人と密着に接してリハビリテーションを行うので、人と関わる事が好きな人に向いていると言えます。しかし、人と関わる事が苦手だという人は理学療法士を目指さない方がいいという訳でもありません。
誰かの役に立ちたいとしっかりとした目標を持っていれば、人と関わるのが少し苦手であっても大きなハンデとはなりません。また実際に仕事に就き、沢山の人と関わっていくなかで改善していくことも出来るのです。
また辛抱強く色々な療法を試し、結果によって個人個人のリハビリテーションを行わなければならないので、我慢強い人というのが理学療法士には向いています。我慢が苦手という人でも、実際に怪我や病気などで日常生活が困難という方と関わり、相手の立場にたってリハビリのプラン等を立てていく中で、日常生活が困難という気持ちがわかるようになり、辛抱強くなれるといえます。
「人の役に立つ仕事がしたい」という信念を持つことが一番重要なことです。… Read more

テニス先程も少し触れましたが、理学療法士はスポーツリハビリ等での現場でも活躍をしています。
スポーツリハビリの仕事に就くうえで理学療法士の国家資格が必ずしも必要な訳ではありません。しかし、理学療法士養成課程の中で、筋肉や関節の位置、正しい動かし方などを勉強する機会があります。その知識が大変役に立ち、また理学療法士は本来の運動機能を回復させるリハビリのプロです。そういった事から、スポーツリハビリ、スポーツトレーナーといった現場で需要があり、求人も多くあります。
スポーツの現場で怪我はつきものです。適切に対処し治療することでプロのスポーツ選手、部活を頑張っている学生などのサポートをする事が出来ます。… Read more

理学療法士と患者

「理学療法士」「作業療法士」ともに医療・福祉での現場で活躍しており、リハビリテーションが主な業務となっている為、一見違いがわかりません。具体的な業務について触れていきます。
 
・理学療法士
理学療法士は日常生活で不可欠な「立つ」「歩く」「起き上がる」などの動作を円滑に行えるようにプランを立てて、回復までの支援を行います。
「運動療法」「物理療法」「日常生活訓練」などの業務が主になります。
運動の種類、負担、時間、頻度などのプランを立て怪我や病気で失った運動能力の回復を促す。また筋肉や関節を冷やす、温める、電気で刺激を与えるなどして、痛みの軽減、固まった筋肉に柔軟性を取り戻し、運動がし易い様にする。実際に生活で必要な動作の訓練をする事などのプランを立て、運動能力を回復させる手助けをするのが理学療法士です。
医療・福祉の他にスポーツリハビリ等の分野での活躍も期待されています。
 
・作業療法士
指を動かし家事ができるようになるなどの応用的な日常動作の訓練、また回復してからの「趣味」や「生活の自立」などが出来るように支援を行います。
怪我や病気などで落ち込んでる方のストレスなどを発散させる、考え方を変えて楽に生活できるようにする等といった心のリハビリも行います。
より日常の生活に沿った回復支援を行う業務が主になります。
医療現場の他に障害者支援福祉施設や児童養護施設などの求人が多くあります。
 
お互いに日常生活で必要な事をサポートしますが、それぞれに専門分野に特化し、お互いに助けあっていると言えます。
Read more

理学療法士Read more